組合概要

外国人技能実習生受け入れ事業
人材創造事業協同組合では、外国人技能実習制度を通じてアジア諸国から様々な業種において技能実習生を受入れ、その技術の移転を図り、相手国の経済発展に貢献することを目的とした事業を行っています。

また、受入れ企業や地域の活性化を図るとともに、相手国との友好を築きながら国際交流に役立ててもらい、技能実習生には日本語を始め日本の文化や風習も学びながら帰国後、母国に置いて活躍していただくよう人材育成にも寄与しています。

 

専務理事 角熊 千敏ご挨拶
人材創造事業協同組合では、平成17年より異業種協同組合として、相互扶助、企業連携、国際交流、地域貢献を基に活動してきました。その中で、技能実習生の受入れ制度を通じアジア諸国から様々な業種においてやる気のある人材を受入れ企業の生産活動の安定や活性化を図り、また日本の誇る「物づくり」の技術や知識を通して優秀な「人づくり」に務め、相手国への技術の移転を図り経済発展に貢献することを目的としています。組合事業を通じて各組合員企業の経済活動を促進し、国際交流の新たな事業の展開にも寄与できるよう努め、共同組合だからこそできることを常に考え今後も取り組んでまいります。


組合概要

組合名

人材創造事業協同組合

専務理事

角熊 千敏

所在地

〒870-0887 大分県大分市大字奥田698番地の1

TEL

097-545-2250

FAX

097-545-3133

設立

17年11月1日

事業内容

・外国人研修生受入れ事業
・海外進出のサポート(工場用地紹介・現地スタッフ紹介等)
・組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合
 事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
・組合員の事務用品等の共同購入

取引銀行

大分銀行

組合員

33社

所在地

Kyoeiビルの2Fに事務所があります。